お知らせ

令和3年 「命の大切さを学ぶ教室」を実施しました。

 
本日6限に全校生徒を対象として「命の大切さを学ぶ教室」を行いました。
感染症対策として、3年生は体育館で聴講し、1・2年生は教室でオンラインでの聴講となりました。
 
演題「歩と生きる」
講師 中谷 加代子 氏

中谷氏は、当時高専5年生だったご息女を同級生の少年に殺害された経験をお話しして下さいました。
「命」とは、「生きる」とは、「そこにいるだけで素晴らしい存在だと」語る姿に、
生徒も真剣に耳を傾けていました。

日常の素晴らしさを改めて感じ、命について思いを巡らせる良い機会となったのではないでしょうか。