お知らせ

模擬投票

 
3年生を対象に主権者教育の一環として模擬投票を行いました。

選挙年齢が18歳に引き下げられたことにより、3年生で誕生日を迎えた生徒は投票権を得ます。
7月21日に投開票が行われる参議院議員選挙を受けて、主権者教育を実施しました。
選挙を通じて、主張されている政策や自分たちの生活について考えたり、一票の持つ意味について考えたりすることができました。

本日は、実際の投票箱をお借りし模擬投票を行いました。
初めての体験で手順に戸惑う生徒も見られましたが、サポートを受けながら一人一人が一票を投じることができました。
なかには21日に実際の投票へ出かける生徒もいます。
今回の体験をもとに、自らの一票を投じてください。