お知らせ

祝日本一!全国高校英語スピーチコンテスト

 
山陰中央新報掲載記事(令和4年3月4日)

〇2021年度 第14回 全国高等学校英語スピーチコンテスト

 各校の代表生徒が競う各都道府県大会がまず行われ、次いで9つのブロック大会を経て全国から選ばれた18人の高校生が、英語でスピーチを披露するコンテストです。全国の英語教員、生徒の熱い想いで2008年(平成20年)2月に第1回コンテストが開催されました。その後、参加資格が2部に分かれ、令和元年度からは第2部にQAが導入されるなどの変遷を遂げました。高校生が瑞々しい意見や主張を英語で堂々と述べる姿は、毎年感動をもたらします。多くの英語教育関係者、全国の高校生にこのコンテストに関心を持っていただき、参加していただきたいと思います。  

(全英連HP http://www.zen-ei-ren.com/?page_id=472  スピーチコンテスト より)


3年生の森尾徹也くんが中国大会を第1部1位で突破し、この度全国大会においても第1部1位、文部科学大臣賞受賞、文部科学大臣杯授与という快挙を達成しました。
島根県においても初とのことで、大変喜ばしいことです。
全国大会出場者のうち、唯一の男子生徒でしたが、本番では落ち着いてベストを尽くすことができました。
応援してくださった皆様、ありがとうございました!