入試情報

よくある質問

2019 年度入試について

学業推薦について教えてください !

「課題入試」通称「ここから入試」を実施します。これは、あらかじめ課題テキストを発表し、その範囲から出題するものです。試験は、課題入試 (国語・数学・社会・英語・理科から 3 教科を選択) と面接です。
合格者は奨学生とし、かつ入学金を免除します。普通科・総合ビジネス科は問いません。(今年度から )
範囲が決まっているので、しっかり勉強したら必ずいい結果が出る入試です。
また、英検 4 級・漢検 4 級取得者は、その教科を 100 点に換算し、その教科の受験を免除します。
さらに、一般入試の成績が特に優秀な場合は、特待生になるチャンスがあります。
是非、挑戦してみてください。
なお、今年度の課題テキストは、このホームページに掲載されています。
★この入試のねらい★
どんな内容 ?
・中学校で是非これだけはマスターしておいてほしい基礎的な内容を課題とする。
・入試問題は課題テキストに準拠し、努力が必ず得点になって現れるものを作成する。
なぜこんな入試をするの ?
・こつこと、決まったことをきちんとこなす真面目な生徒を獲得するため。
・今、頭角を現している生徒に越したことはないが、これから、努力して、3 年後に頭角を現す素養のある生徒を獲得するため。

スポーツ推薦について教えてください

スポーツ特待生には、S1 ~ C 特待まであります。この制度は、本校のスポーツ面をより活性化することをねらいとしたもので、近年、上位に進出する部活動が増えてきました。特待生の大半が、本校からのオファーがあった生徒ですが、中学校の校長推薦が得られる方なら受験は可能です。また、本校にない部活動でも、活躍が期待できる生徒については対象となります。関心のある方は、中学校の先生を通して本校までご連絡ください。
是非、本校で、自分の実力を発揮してみたい方の受験をお待ちしております。

文化推薦について教えてください !

次の 1 ~ 4 の分野で熱心に活動した方を対象とします。
1. 文化部
2. 生徒会
3. ボランティア活動
4. その他の分野

文化特待生には、Ⓐ~ C 特待まであります。特に吹奏楽は本校の指定強化部ですので、この分野で熱心に活動した方は、是非、チャレンジしてください。

自己推薦について教えてください !

「ポートフォリオ推薦」と「基礎学力推薦」の 2 つの自己推薦入試を実施します。
「ポートフォリオ推薦」は、自らの経験、活動等をまとめたポートフォリオを通してあなたの人柄・可能性を評価する入試です。特に優秀な実績等が認められた生徒には特待生・奨学生となるチャンスがあります。
「基礎学力推薦」は、課題入試 (国・数・社・英・理から 3 教科選択 / 通称「ここから入試」) を活用して基礎学力を診る入試です。普通科・総合ビジネス科は問いません。課題入試において成績優秀な生徒には奨学生となるチャンスがあります。

一般入試の特典とは ?

1. 一般入試合格者成績上位 10 名については受験料を返却します。
2. 一般入試合格者上位 80 名については、Ⓐ特待 (入学金 13 万と月額 10,000 支給) とします。
    ただし、併願者は本校へ入学手続きした場合にその特典が有効となります。
    なお、成績上位 80 名に対しては、入試成績 (得点と順位) と第一志望校順位 (本校受験者内順位) を本人に通知します。
3.2 以外の専願者及び、本校に入学手続きした併願者の中で特に成績優秀者は、それぞれ奨学生の対象とします。

入試や制度の特色はなんですか ?

大きな特色は次の 6 点です。

1. 特待生には奨励金を支給します。
「国の就学支援金」と「本校の奨励金支給制度 」による支援効果で家庭を支えます。
詳しくはこのホームページの入試情報「特待生と奨励金支給制度」をご覧ください。
家庭の経済状況によっては、授業料・諸経費が免除になった上に差益が生じるケースがあり、家計を助ける仕組みになっています。

2. 学業推薦 (通称 /ここから入試 ) は、出題範囲を前もって公開し、この中から出題するユニークな入試です。基礎基本を重視する本校ならではの入試です。是非、チャレンジしてみてください。

3. 公立入試に近い出題 (通称 /そっくり入試 ) を専門業者に委託して作成しております。公立入試の本番前に是非、本校の入試で腕試しをしてみてください。


4. 「文化推薦」は、本校の文化部の活性化がねらいです。特に吹奏楽を指定強化部にしました。積極的に特待生を確保し、レベルアップを図りたいと思います。

6. 今年度より一般入試で新たな特典を設けました。
①全受験者の中で成績上位 10 名については、受験料 18,000 円を免除します。
②一般入試合格者を対象に、本校で手続きされた生徒の中で特に成績優秀者には、奨学生になるチャンスを設けました。
③一般専願合格者の中で特に成績優秀者には、奨学生になるチャンスを設けました。

学校について

学校の特色教育は何ですか ?

未見の我の発見を教育テーマとし、「真に社会に役立つ実践的人材の育成(建学の精神)」を目指しています。育てたい生徒像は「基礎・基本を身につけ、将来像をもった明るく活力ある生徒」です。特に最近、本校で力を入れて取り組んでいるのが次の 3 つです。

1. 基礎力養成システム
これは、ベネッセの基礎力診断テストを基盤にし、授業・放課後補習を通して、基礎力の養成に努め、大きな実績をあげています。

2. 学び直し
高校の履修教科の内容を十分に理解するためには、中学校の学習内容が定着していることが前提であることから、平成 22 年度より 1 年生を対象に、入学時から 1 学期間、ベネッセのテキスト「マナトレ」を使って「学び直し」を 実施しています。

3. 語彙力養成
今年度からの新たな取り組みとして、朝学習の時間に語彙力養成を行っています。新聞のコラムを利用した調べ学習、クイズ形式による知識の確認をすることで語彙力を身につけ、日々の授業や進路の面接・小論文に役立てるほか、資格取得を目指し語彙力検定にも挑戦します。

4.CCP 教育
これは、ハローワークジョブカフェしまねが開発したキャリア・カウンセリング・プログラム( CCP) を活用して、進路選択能力を養成しています。

以上が本校の特色です。    

校章にはどのような意味がありますか。

松は常緑の針葉樹で、樹齢が長く、節操 (せっそう …… 自分の正しいと信じる主義・意見を堅く守る) ・長寿のシンボルであり、学園のますますの発展を祈る意味が込められています。
また、「蔭」には、弱い立場の若者たちを守るようにしてかばう意味があります。
松の樹が常に青々と繁るように、学園に集う若者たちを育て続けたい。時代の変化に対応し、様々な課題に取り組むことのできる「学力と体力」とどんな時代でも優れた人格に欠かせない友情・勤勉さ・忍耐力・勇気・思いやり・誠実さという「心の教育」を実現させたいという願いを込めています。

普通科について

大学に進みたいのですが、西高ではどんな受験対策をしてますか

普通科特別進学コースは少人数制クラスで、国公立大学、難関私立大学を初めとする上級学校への進学を目指します。

他の科とは異なるカリキュラムを設定しているので、進学に向けて最適です。

始業前と放課後に自習室を解放して、補習や自学自習に励むことができます。

週末にも自習室が利用できるのでいつでも学習、進路相談を受けることができます。

また、昨年度より導入されたタブレット機器を活用して、講義動画を見てサテライン学習に励みます。まずは中学校の範囲を復習して、抜け漏れがないように計画を立てて学習を進めていきますが、3年生ではセンター試験などの大学入試に必要な試験の対策についても学級全体で取り組みます。

小論文指導のための講座も用意しているので、志望校に合わせた満足のいく個別指導を受けることができます。

私立高校ならではの個々の進路に合わせた個別補習も充実しています。

普通科の特徴は

本校の普通科は総合コースと特別進学コースがあります。
まず総合コースは、進学・就職などの多様な進路に対応できるように柔軟なカリキュラムが用意されています。
一方、特別進学コースは、国公立大学、難関私大への合格を最優先したカリキュラムになっています。

総合ビジネス科について

総合ビジネス科でも大学進学が可能ですか

今の大学進学は、センター試験のほか、指定校制度や推薦制度があります。特に総合ビジネス科では、資格を利用した推薦入試で、尾道大学(公立)や高崎経済大学(公立)等に合格者を輩出しています。また、国家資格を有する生徒には、入学金や授業料減免・免除する大学、専門学校も多く、とても有利です。

総合ビジネス科で取得できる資格はどんなものがありますか

情報処理(一般)、情報処理国家資格( IT パスポート試験、情報処理技術者試験、基本情報処理技術者試験)、簿記、ワープロ、電卓、珠算、流通経済、英検、漢字、硬筆検定、介護職員初任者研修 (旧ホームヘルパー 2 級) です。

コンピューターの学習について教えてください

総合ビジネス科では 1 年時に 4 単位、2 年次からはコース・選択授業で 10 単位以上コンピュータについて学習します。
また、普通科も 1 年次 2 単位、2 年次からも選択授業で 2 単位づつコンピューターについて学習します。
具体的には「情報処理」「文書デザイン」でワード・表計算・画像処理・プレゼンテーション等を学習します。
検定資格も取れます。

総合ビジネス科ではどのようなことを学習しますか

普通科目 (国語・数学・英語・理科・地歴公民・保健体育など) の他に、簿記・情報処理などのビジネスに関する専門知識・技術が習得でき各種の検定を取得できます。
また、介護職員初任者研修 (旧ホームヘルパー 2 級) の資格も取得できます。

介護職員初任者研修の資格はどういうものですか

ホームヘルパー 2 級に代わる資格として介護職員初任者研修課程が今年度 4 月よりスタートしました。
介護・福祉業界で働くためのはじめの一歩となる資格です。
2 年次に社会福祉基礎の授業を選択し、意欲を持って取り組み、単位を取得すれば同時に資格を取得することができます。

部活動について

文化部にも特待制度はありますか ?

「文化推薦」により、積極的に文化部の特待生を取りたいと思います。特に吹奏楽部を文化部の重点部活動に位置づけ、特待生枠も広げました。希望する方は中学校の担任の先生にご相談ください。

スポーツ推薦はどの部がありますか

西高では、すべての部活動でスポーツ推薦を行っています。本校に部活動がなくても校外で活動するスポーツでも可能です。(たとえば、水泳、ゴルフ、ボクシング、空手など)
詳しくは、中学校の先生を通してご相談ください。

部活は何が強いですか

近年、全国大会 (インターハイ、国体) に出場した部活動は、男子バスケットボール部、女子ソフトテニス部です。
男子バレー部、男子バドミントン部も常に県の上位におり、中国大会にも出場しています。また、これからの飛躍が大いに期待されるのが野球部、サッカー部です。
文化部では吹奏楽部を平成 23 年度から重点部活動にし、特待生枠もあります。近年は、全日本吹奏楽コンクール島根大会の高校小編成の部で、2 年連続金賞を受賞し中国大会にも出場するなど、素晴らしい成果を上げています。本校の吹奏楽部活性化に貢献できる人材を熱望しています。
また、最近ブームになっているダンス部や書道パフォーマンス部もあります。興味を持っている方も大歓迎です。

研修旅行について

費用はいくらですか

費用は 15 万円程度で、主に英語圏を候補地に選考しています。
ただ最近の不穏な世界情勢を鑑みて、平成 29 年度から安全を配慮して国内 (沖縄) に変更しています。
今後の情勢を見ながらではありますが、当初の目的である海外研修旅行は継続していきたいと考えています。

研修旅行は、どこへ行きますか

平成 18 ・ 19 年度は、オーストラリアのシドニーへ出かけました。
平成 20 年度は、ハワイと韓国の 2 コースに分かれて実施しました。
平成 21 年度は、グアムへ行きました。
平成 22 年度は、オーストラリアのケアンズに行きました。
平成 23 年度は、ハワイに行きました。
平成 24 ~ 28 年度は、グアムに行きました。
平成 29 ・ 30 年度は、沖縄に行きました。
(研修旅行は、2 年次の 10 月に実施しています。)

携帯電話について

携帯電話について

本校では、登校時、学校の敷地に入る前に電源を切り、カバンの中に入れておくこと、下校時に敷地を出て電源を入れることにしています。
(校内での使用は認めていません。)

その他

奨励金支給制度についてもっと詳しく教えてください

本校は、国の就学支援金とタイアップする形で特待生 (学業・スポーツ・文化・自己推薦) に奨励金を支給します。支給することで、家庭の経済状況によっては授業料・諸経費すべて免除になる上に、差益が生じるケースが多々あります。よって公立高校より安くなる場合もあります。本校のこの制度のねらいは、国と本校による支援効果で家庭を支え、生徒が学習や部活動に専念できるようにバックアップすることにあります。他校にはない制度です。
詳しくは本校ホームページにある「特待生と奨励金支給制度」をご覧ください。

制服代はどれくらいかかりますか ?

< 女子の制服代 >
ジャケット代 24,500 円     スカート代 15,300 円     ベスト代 5,900 円
長袖ブラウス代 4,600 円     半袖ブラウス代 4,630 円
紺ソックス (ロゴマーク入り) 500 円     通学靴 4,150 円 など

< 男子の制服代 >
ブレザー代 26,000 円     ズボン代 13,800 円
長袖シャツ代 4,600 円     半袖シャツ代 4,630 円
白ソックス (ロゴマーク入り) 320 円     通学靴 5,050 円 など